株式会社マックスパート | Maxpart

Interview
社員紹介

中身勝負で、
期待を超えつづける!

Akira Suzuki鈴木 彬

職種:コンサルティング営業
所属:ホテルフクラシア大阪ベイ
部署:営業部ケータリング課

インタビューを読む

まずは、商品を愛せるかどうか。

マックスパートを選んだ理由はたくさんありますが、決め手になったのは、扱っている商品の魅力でした。「空間の膨らし粉として、関わる人や企業を元気にする」という考えに則った商品を提供していて、会社の理念と事業内容がしっかり紐づいていると思ったんです。それに、目に見える商品だけでなく「形のないもの」を提供するというのも面白いと思いました。なのでお客様に「料理が美味しかった」「サービスが良かった」と言われるのももちろん嬉しいのですが、「すべて任せてよかった」「研修で期待以上の成果が出ました」といった感想をいただけたときがいちばん嬉しいですね。世の中の役に立っていると心から実感できるんです。私は今ケータリング課に属していますが、料理や内装だけでなく、お客様の会社の成長につながることや担当者様の想いに応えられるようなアイデアがあれば、積極的に実行するようにしています。

期待を「超える」からこそ、つながりが生まれる。

お客様の想いに応えるときに意識しているのが、期待を「超える」ということ。そう思うきっかけとなったのが、奈良にある大学の先生が主催する学会のパーティーイベントでした。奈良への愛がとても強い方で、「奈良の風光明美な魅力を感じられるパーティーにしたい」と。入社してまだ約半年の私は、学会のリサーチや会場の手配をするので一杯でしたが、なんとかその想いに自分のアイデアで応えたいと思っていました。そして、その先生とお会いした際に「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」という和歌の話をされていたのを思い出したんです。そこで私は、大きな寿司桶に大葉で山を、錦糸卵で月をつくり、和歌に出てくる奈良の風景を演出しようと考えました。さらにメニュー表も、百人一首の札のような筆文字のものにしたり、会場の真ん中に和傘を置いたりと、「和」の雰囲気を感じられる企画を提案しました。複数のライバル企業とのコンペだったのですが、見事受注。お客様にも「風景の綺麗な会場を選んでくれただけでなく、料理のコンセプトや内装まですべてにこだわってもらって、期待以上だった。感動した。」と言っていただけました。そしてこのイベントの成功を機に、別のイベントのご依頼をいただいたり、一緒に運営をしていた協力会社の担当者さんからは新しいお客様にご紹介いただいたりと、多くのつながりも生まれました。

中身勝負にこだわりつづけ、
ネームバリューでも負けないブランドに。

そんな嬉しい出来事とは真逆の、かなり悔しい思いをした案件もありましたね。とある会社の周年&上場パーティーで、先方担当の方と何度も話し合いながら企画を詰めていきました。最終的な企画書を見て「これは絶対良いですね!」とも言っていただけて。ところがいざ社長にお見せすると「上場記念のパーティーなのだから、とにかく有名な会社にお願いしたい」という理由で一蹴されてしまったんです。絶対いいパーティーになると思っていたし、中身ではライバル会社に勝てる自信もありました。だからこそ、本気で悔しくて大泣きし、担当の方にも申し訳ない気持ちにさせてしまいました。それでも、当時のホテルの支配人が「メシ行こうや」と誘ってくれたり、先輩や同僚にも元気づけてもらったりして。仲間の支えがなければ立ち直れなかったと思います(笑)。今思えば、社長の考えをも変えるようなもっと良い企画を考えられたのではないかと思いますし、これからもそんな企画を考えていきたいですね。そうして中身で勝負することにこだわりつづけ、いつかはフクラシアをネームバリューでも負けないブランドにするというのが、私の目標であり夢なんです。

職種紹介はこちら

閉じる

人に、仕事に、世の中に、
本気で向き合う!

Shusaku Seko世古 周作

職種:コンサルティング営業
所属:ホテルフクラシア晴海
部署:営業部セミナー営業課/マネージャー

インタビューを読む

一度は失ったプライドと自信。
一緒に泣いてくれた仲間の存在。

前職ではペットフードメーカーで営業をしていましたが、ルート営業がメインだったため、自分の介在価値があまり感じられず、これ以上スキルアップも期待できないと思い、転職を考えました。とはいえ、一応営業としてのプライドはありましたし、新天地であるマックスパートでもある程度やっていける自信もありました。そのプライドと自信がズタズタにされたのが、入社一年目の合宿です。競合の視察のための合宿だったのですが、そこで当時のマネージャーに、スタンスから仕事のやり方まで、完全に否定をされたんです。今思えば、根拠のない自信で天狗になっていただけなのですが、当時の私にはかなりキツい出来事でした。そのままトイレにこもって一人で泣いていると、ドアの向こうから「大丈夫か?」と同僚や先輩の声が聞こえてきて、気がついたら一緒に泣きながら語り合っていました。こんなに本気で向き合ってくれる仲間がいれば頑張れる、この会社に入って良かった、と心から思ったんです。マネージャーに言われたことも、今では全て理解できますし、当時の私には必要なアドバイスでしたね。

プロ意識を捨てることが、プロへの近道。

入社してしばらくたった頃、新規で営業をしていると、勉強合宿を予定している学習塾にたどり着きました。なんとその合宿の参加人数は約400名。うちのホテルでは完全にキャパオーバーだったのですが、どうにか受注できないかと考えました。一年目のあの出来事もあり、初心に返ってコツコツ頑張っていましたが、一発、大きな案件をとりたいとは思っていたので(笑)。そこで、ホテルフクラシア晴海だけじゃなく、近くのホテルにも協力をお願いし、複数のホテルで宿泊しながらうまく合宿ができる方法を考え、何度も企画を練り直し実現にたどりつきました。ライバル企業に協力をお願いするなんて、普通はないと思うのですが(笑)。余計なプライドというか、プロ意識みたいなものを捨てて、がむしゃらに挑んでましたね。やると決めたからには、お客様に「マックスパートに頼んでよかった」と思っていただけるように、責任を持ってやり切る。泥臭くてもいいし、失敗しながらでもいいので、とにかく相手の目線に立って課題と向き合うということが、営業の本質なんだと思います。しかもその方が実は楽しいんですよね。

根っこの部分の
共感値が高いのがマックスパート。

入社した時から感じることですが、マックスパートの社員は皆がいきいきしていて、世の中に対してなにかを成し遂げよう、という意志が感じられます。口先だけじゃなく、本気で考えている人が本当に多いです。同じ目的に向かって、皆で何かを成し遂げたい人にはうってつけの会社ですね。目標はそれぞれ違えど、「世の中を元気にしたい」だったり、「何事にも全力で」だったり、根っこの部分の価値観が似ているので仕事もしやすいです。ただし馴れ合いの組織にはならないように、理念から落とし込まれたコミュニケーションを意識しつつ、これからは「空間」という強みを活かせるような新しいビジネスモデルをつくっていきたいです。

職種紹介はこちら

閉じる

「おせっかい」力に
磨きをかける!

Kanako Azegami畔上 可奈子

職種:コーディネーター
所属:コム・パス事業部
部署:営業部営業課/リーダー

インタビューを読む

その空間での「体験」を売るということ。

大学時代、バイトをしていたコーヒー屋さんでは、お客様の雰囲気や服装に合わせてカップを選んだり、お客様と話しながら気分に合わせて音楽や照明を変えたりしていました。一杯600円〜1000円くらいと少々お高めなのですが、コーヒーだけを売るのではなく、その空間での体験すべてを売っているようなお店でした。それがすごく楽しくて、「お客様と直接コミュニケーションがとれる仕事」と「空間と体験を売る仕事」に絞って就活をしていたんです。マックスパートはそのどちらにも当てはまっていたので、まさに自分にぴったりだと思いましたね。自分たちのもつ「空間」というベースはあって、それをどう使うかは自由。「体験」や「価値」といった形のないものを、お客様とコミュニケーションを取りながら決めていくという仕事に魅力を感じました。

聞いて、聞いて、引き出す。
「おせっかい」が本質的な課題解決につながる。

私は、最初から自分の意見をぶつけていくよりも、相手に合わせたコミュニケーションで探りを入れていくタイプなので、とにかくお客様のご要望を聞くことに注力しています。いろんな角度からヒアリングをしていくと、だんだん本質が見えてくるんです。最初はこちらがヒアリングをしてもあまり詳細をお話しいただけなかったのに、最終的にはお客様からご相談をしていただけるようになったこともあります。しつこく電話したり、頼まれていない企画の提案をしたりと、最初は面倒臭いやつだと思われたかもしれませんが(笑)、だんだんお客様の方がやる気になってきて、一緒にイベントをつくりあげることができたのが嬉しかったですね。よくお客様から「営業さん(コンサル営業)と畔上さん(コーディネーター)は何が違うんですか?」と聞かれることがあります。それに対して私は「プラスアルファすることが私の役割です」とお答えしています。依頼を受けてプログラムやコンテンツのベースをつくるのが営業だとしたら、それをもっとブラッシュアップしていくのがコーディネーターの仕事なので、やっぱりある種の「おせっかい」力が必要なんだと思います。

一人じゃなく、みんなで考える。

会議やイベントのコーディネーターは、実はアメリカなどではCAと同じくらい人気の職種なので、日本でも人気の職種になればいいなと思っています。そのためにも、「おせっかい」力に磨きをかけ、私らしい理想のコーディネーターになりたいですね。余談かもしれませんが、マックスパートには他にも「おせっかい」な社員が多いです(笑)。お客様との電話打ち合わせが終わり受話器を置くや否や、隣にいる先輩から「お客さん何だって?こないだ言ってたイベントのことだよね?」と聞かれることもよくあります(笑)。普段からお互いの仕事内容や状況について話している、オープンな会社だからこそのコミュニケーションですね。一人で考えて思いつくことには限界があるし、思いついたことを誰かに話すことでアイデアがふくらむこともある。なるべくいろんな人に相談して意見やアドバイスをもらうことも大事にしていきたいです。

職種紹介はこちら

閉じる

お客様にもスタッフにも
頼られる
でっかい人間になる!

Ryu Ohira大衡 龍

職種:オペレーション
所属:ホテルフクラシア晴海
部署:営業部 お客様課

インタビューを読む

マックスパートとの運命的な出会い。

宮城県出身の僕は、高校を卒業したら東京で就職したいと思っていました。何事も経験だし、東京に出て働いた方が成長するだろうと思って。でも、勉強もパソコンも苦手なので事務の仕事は無理だし、工場などの単純作業は性に合わないし…。そうやって消去法で絞っていったのが接客業でした。もともと人と話すのは好きだったので、自分にも合っているかなと思ったんです。インターネットや学校に貼ってある求人票で、接客業の正社員求人を探していたのですが、どれも決め手に欠けていました。そんな中、進路指導の先生から「大衡に合いそうな求人がきてるぞ」と紹介されたのがマックスパートでした。実際に求人票や採用サイトを見てみると、仕事内容や、若いうちから活躍できる環境など、ほぼすべてが自分が求めていたものと一致していて、ここしかないと思ったんです。しかも話を聞くと、届くはずの求人票が届いておらず、マックスパートから学校に「求人票届いてますか?」と電話がかかってきて再送してもらったそうで。ご縁というか、運命を感じましたね(笑)。

思い出のゆずみつサワー。

入社して一番印象に残っているのは、懇親会での期間限定新ドリンクの考案です。懇親会のCS向上を目的とした取り組みで、会議・研修でいらっしゃるお客様に何が喜んでもらえるんだろうか考えました。それで思いついたのが「ゆずみつサワー」だったんです。会議終了後は、皆さん疲れていらっしゃるし、季節柄(ちょうど秋でした)乾燥もしており、喉も酷使されているのかなと。そこで翌日も元気に会議・研修に臨んでほしいと思い、ネットで色々と調べ、体の疲れを癒やすクエン酸が摂取できる「ゆず」と、喉を癒やす効果のある「はちみつ」を使って、オリジナルドリンクを作ろうと思いました。もちろんコスト面も意識しなければならないので、先輩方に相談し、原価や利益率など教えてもらいながら計算して、様々な業者さんと交渉し、何度も試作を重ねて、社内会議で商品化のGOサインを頂くことができました。いよいよ、そのゆずみつサワーが懇親会のメニューに追加されると、自分が予想していた以上に評判が良く、お客様から「ゆずみつサワー2つ!」とか「これ、美味しいね」と言ってくださるのが嬉しくて、その都度にやけてしまいましたね(笑)。提供目標も大きく達成する事ができ、グループ全体でその月に活躍した社員が表彰される「今月の人」にも選ばれ、僕にとってはまさに「思い出のゆずみつサワー」になりました。

「何事も経験」がモットー。
「困ったら大衡に聞け」と頼られる存在に。

仕事にもやっと慣れてきて、今はすごく楽しく働かせてもらっていますが、入社後しばらくはしんどい事の方が多かったですね。自分でも不思議なくらい、ポンコツで使えない人間だったんです。お客様に料理をかけて怒られたりと、漫画みたいなミスも連発して(笑)。その度に、なぜミスをしたのか、次はどうすれば良いかを周りの先輩方が一緒に考えてくれて。自分の意識が変わり始めたんです。入社当時から比べると、自分でもびっくりするくらい成長してきているんだなと感じています。今はオペレーションスタッフとしてできることを全部やりきりたいですが、何事も経験だと思っているので、後々は他部署も経験してみたいと思っています。オペレーションだから営業のことは分からない、とか、現場での仕事しかやりたくない、ということではなく、晴海として、マックスパートとして、世の中の人たちに価値提供していきたいと思っています。ゆくゆくは、「困ったことがあれば大衡に聞け」「あいつがいれば大丈夫」と言われるような、お客様にもスタッフの人たちにも頼られるでっかい人間になりたいですね。

職種紹介はこちら

閉じる

最高のサービスを、
最高の方法で伝える!

Midori Wakizaka脇坂 緑

職種:企画販促
所属:ホテルフクラシア大阪ベイ
部署:営業部 企画・マーケティング課/リーダー

インタビューを読む

好きなことを仕事にしている実感。

前職は専門商社にいて、小回りのきく小さな会社だったのでやりたいことをやらせてもらっていました。ただ、アイデアはあっても経済的に実現が厳しいことも多く、もう少し大きな会社で働きたいと思っていました。ある程度の規模があって、やりたいことをやらせてもらえる会社はなかなかないと思うのですが、運良く見つけたのがマックスパートでした。最初はコーディネーター職としてイベントの設計をしていましたが、そのときから上長に思いついたアイデアを話しては、PR活動なども自由にやらせてもらっていたんですね。そんな中、企画・マーケティング課が発足し「脇坂が適任なのでは」ということで配属されたんです。自分がいいと思うものを誰かに伝えることや、伝え方を自分のアイデアで工夫することがすごく好きなので嬉しかったですね。また、それができる土壌がマックスパートにはあります。もう入社して10年以上になりますが、そこが、私がこの会社に長くいる理由ですね。

つくり手の「想い」を汲みとる。

企画・マーケティング課での仕事で意識しているのは、「たくさん見て、聞いて、読む」ことです。新聞を毎日読むとか、『DIME』などの雑誌を欠かさずチェックするとか、テレビで気になるアイテムが出てきたら料理中でも手を止めて観る、とか(笑)。小さなことですが、そういった情報収集は心がけています。そしてもう一つ、大切にしているのは「つくり手の想いや考えを汲みとる」ことです。例えば新商品やサービスを社外に告知するとき、サービスに携わったメンバーにヒアリングをすると思うのですが、私の場合は極力、そのプロジェクトの企画段階から広報要員として参加するようにしています。そのサービスができた経緯を知っているのと知らないのとでは、伝わる説得力に差が出ますからね。それに、デザイナーがどんな想いでその会議室をデザインしたのか、どんな苦悩があったのかをリアルに感じ取ることで、「なんとしても良さを伝えたい」と一切の妥協が許せなくなるんです。最高のメンバーがつくった最高のサービスを、最高の方法、最善の手段で世の中に伝える。そして、そのサービスを必要としている人たちにまっすぐに届く。それがただただ楽しいですし、この仕事の醍醐味じゃないかと思いますね。

社内コミュニケーションを大切に。

例えばオペレーションスタッフなど、当日の運営を担当している社員たちとは普段の業務で関わる機会が少ないので、通路やオフィスで会ったときには自分から話しかけるようにしています。ちょっと話をしてみると、うちでは当たり前にやっていることがお客様から意外と評価されるポイントだった、といった発見も多いんです。そうすると、社外へのアピールポイントや伝え方のヒントにもつながります。そして、話をしていて感じるのは、皆すごく一生懸命で楽しそうだということ。私は今、小さい子供がいるため勤務時間が限られているのですが、それを言い訳にせず、彼らに負けないように元気に、楽しく働きたいと思います。

職種紹介はこちら

閉じる

世の中への価値提供を
考えて、考えて、
考え抜く!

Takashi Mizufune水船 貴史

職種:新規事業企画
部署:経営統括本部経営企画室/室長

インタビューを読む

世の中との接点を求めて。

大学を卒業してからずっとホテルに勤めており、ホテルマンとしての腕を磨いていました。いつも通り出勤し、いつも通り仕事をしていたある日、ふと「このままで大丈夫なのか」と思ったんです。何年もホテル勤務をしてきて、役職も順調に上がっていき、そのホテルのことは誰にも負けないくらい知っていたし、接客やマネジメント力にも自信がありました。でも、それらは全て「ホテルの中で」の出来事なんですね。この業界のことしか知らない、世の中の動きもわからない自分の現状や立ち位置に、恐怖心に似た疑問を抱いていました。そんな中で見つけたのがマックスパートで、私は世の中との接点が一番ありそうな営業職で希望を出し入社しました。ところが、配属されたのはホテルのフロント業務。採用担当や上司が言うには、「まずやってみろ」と。

本当に相手のためになることは何か。

マックスパートの接客スタンスは、私の知っているホテルのものとは全く違っていました。お客様からのご要望があったとき、望み通りのものをお持ちするのが通常ですが、さらに一歩踏み込んで「どうしてですか?」と聞いちゃうんです。すぐに「かしこまりました」は言わない、他にもっと方法はないのかを自分の頭で考えるという文化に、入社早々驚いたのを覚えています。そしてそのためには、企業のことや世の中の流行など、幅広い知識が必要になります。同じホテルの接客という仕事なのに、こんなにも違うのかと思いましたね。そしてフロントでの経験を積み、ホテル営業部に異動。そこでも、「本当に相手のためになることは何か」を考えるスタンスは役に立ちました。ホテルの空室を埋めるために、研修や会議が目的でないお客様にも営業をかけることがあるのですが、ホテルには泊まるだけのお客様がほとんどで。別の場所に用事があったり、出たいイベントがあったり、勝ちたい大会があったり。そんな方たちに対して、ホテル内でできることは限られているんです。例えばスポーツ団体だと、ホテルで手厚いおもてなしをすることよりも、いかに体調が万全の状態で大会に出られるか、が最優先になりますよね。会場が遠い場合には、いかに楽に移動ができるか、会場で使うものをこちらで準備できないか、といったことを考えるようにしていました。大会から帰ってきて「おかげで勝つことができました!」とメダルを見せてもらえたりすると、自分のことのように嬉しいんですよ(笑)。中にはジュニアの頃からうちを使ってくれて、五輪メダリストになった選手もいます。今はもう引退されたのですが、サポートしてくれた人たちへの感謝を伝える引退パーティーもフクラシアで開いていただきました。その時は私も、こみ上げてくるものがありましたね。お客様との関係値がここまで高まるのも、マックスパートならではじゃないかと思います。

やってみないとわからない。だから面白い。

フロント業務、営業を経て、今は経営企画室というところにいます。ここでは、新規事業をはじめ会社の経営に直結することをやっているのですが、どれも「やってみないとわからない」ものばかり。フクラシアの店舗展開に携わった際も、徹底的にマーケティングをしてターゲットを絞ったのに、OPENしてみると予想外の層にも人気があったりといった「嬉しい誤算」もありました。他には、コワーキングスペースの運営会社と協力して新しい取り組みができないか、海外視察に行ったときに良いと感じた会議室やオフィス空間を日本でも実現できないか、などを考えています。また、様々な部署を横断して、会社の事業や仕組みを全体で理解できるというのも社会人として貴重な経験です。私が大事にしているのは、自分の意見を大切にするということ。正解かどうかは「やってみないとわからない」ので、周りの100人が違うと言っても、自分の考えを信じてあげるということです。マックスパートの可能性と自分自身の可能性を信じて、これからもわがままにやっていきたいですね。

職種紹介はこちら

閉じる

ページ上部へ戻る