• コンサルティング営業
  • コーディネーター
  • オペレーションスタッフ
  • 新規事業企画職
コンサルティング営業
研修やパーティを成功させて、
企業の課題解決に貢献する!
JOB職種紹介
企業や学校などの法人に対して、研修やセミナー、パーティなどの企画・提案を行う仕事です。単に会場・客室・会議室といった、ハードの提供をするだけではありません。研修内容からプログラム作成、演出や料理内容の企画まで、先方担当者と一緒にプランニングを行います。受注規模は、5〜10万円のパーティから、3000万円クラスの大型イベントまで様々。時には半年かけて何度も提案を行い、ようやく受注に結びつくケースもあります。何より大切なのは「イベントの目的は何か」を事前に深堀りしておくこと。例えば「社員のモチベーションアップのためのイベント」なのか、「目標達成意識を高めるための研修」なのか。目的が把握されていなければ、お客様のニーズに合ったイベントを成功に導くことはできません。そのためには、企業が抱える課題や背景、これまでの経緯などに踏み込んで「どうすれば解決できるか」にこだわることが重要。研修やパーティを成功させることで、企業の課題解決に貢献するのが、マックスパートのコンサルティング営業です。
仕事のやりがいはココ!
マックスパートが取扱うのは、いわゆる「無形商材」。研修やセミナー、パーティなどの商品を、一から作り上げていくことになります。つまり、自分の発想力や創造力次第で可能になる提案数は無限大!ここに、コンサルティング営業という仕事の醍醐味があります。例えば「ざっくばらんに討議したい」という企業のために、会議室に畳を敷きつめた、画期的な「畳付きプラン」を考案したり、業績悪化で研修自体の中止を考えていた企業には、料理の配膳や客室の清掃をセルフサービスにすることで、驚きの価格を実現させた「エコプラン」を提案したり。「お客様に喜んでもらいたい」という真摯な思いから、実に様々な提案が生まれています。言われたことに従うのではなく、自由な発想で考え、行動し、お客様のニーズに応えることに喜びを感じる人であれば、日々やりがいを感じるはずです。
成長ポイントはココ!
マックスパートの営業には目標はありますが、ノルマ至上主義ではありません。結果に行き着く間の過程を評価する「グッドプロセス」という制度があるように、積極的にチャレンジした結果、受注に至らなかったとしても、受け入れる風土が確立されています。大切なのは、イベントの目的達成のために、納得いただける企画・提案をとことん追求して、仮説やプロセスを立てながら行動すること。創造力や発想力に加え、お客様の言葉を深いところまで把握できる「ロジカルシンキング」の力も身につきます。また、研修やイベントの仕事を通して、企業の経営ノウハウに触れるチャンスがあることも、特長の一つです。