株式会社マックスパート | Maxpart

Job
職種紹介

コンサルティング営業

企業の課題を深掘りし、
研修やパーティーを成功させる!

空間を通して、研修やセミナー、パーティーを成功させ、企業の成長に貢献するのがマックスパートのコンサルティング営業です。単に会場・客室・会議室といった、ハードの提供をするだけでなく、目的に合わせた研修環境の提案、料理内容や演出・企画等、お客様と一緒にプランニングを行います。何より大切なのは「会の目的は何か」を事前に深堀りしておくこと。例えば「社員のモチベーションアップのためのイベント」なのか、「目標達成意識を高めるための研修」なのか。企業が抱える課題や背景、これまでの経緯などに踏み込んで「どうすれば解決できるか」にこだわることが重要です。

社員インタビューはこちら

やりがい・成長ポイントを読む

仕事のやりがい

自分の発想力や創造力次第で可能になる提案は無限大。例えば「ざっくばらんに討議したい」という企業のために、会議室に畳を敷きつめた画期的な「畳プラン」を考案したり、業績悪化で研修自体の中止を考えていた企業には、料理の配膳や客室の清掃をセルフサービスにすることで、驚きの価格を実現させた「びっくりプラン」を提案したり。「お客様に喜んでもらいたい」という真摯な思いから、実に様々な提案が生まれています。言われたことに従うのではなく、自由な発想で考え、行動し、お客様のニーズに応えることに喜びを感じる人であれば、日々やりがいを感じるはずです。

成長ポイント

マックスパートの営業には目標はありますが、ノルマ至上主義ではありません。大切なのは、イベントの目的達成のために、納得いただける企画・提案をとことん追求して、仮説やプロセスを立てながら行動すること。創造力や発想力に加え、お客様の言葉を深いところまで把握できる「ロジカルシンキング」の力も身につきます。また、研修やセミナーなどの仕事を通して、企業の経営ノウハウに触れるチャンスがあることも、特長の一つです。

閉じる

コーディネーター

お客様と二人三脚で、
目的達成のための空間を創り上げる!

研修やパーティーなどのイベントを、実施に向けてプランニングしていくのがコーディネーターです。営業が受注した新規のイベントを、お客様とともに一からつくりあげ、期待以上の価値を感じて頂くこと、リピートしてご利用頂いているお客様に前回以上の価値を感じていただくことが、コーディネーターのミッションです。会場のレイアウト決めや、客室数・食事数の調整、備品や懇親会の手配など、打ち合わせ内容は盛りだくさん。「何のためにこのイベントを行うのか」「この会のゴールは何か」をお客様と共有し、お客様とともにイベントを創り上げていきます。

社員インタビューはこちら

やりがい・成長ポイントを読む

仕事のやりがい

イベントの目的達成のための提案はコーディネーターに委ねられています。 時には集客に困っている企業様に、どうすれば参加者が参加したくなるかを一緒に考え案内ポスターの作成をお手伝いしたり、グループディスカッションの盛り上げ方に悩む企業様にレイアウトのセッティングやグループ構成、使用する備品を提案したりと、既存のサービスに捉われない自由な発想で価値提供することに醍醐味を感じている人も多いと思います。営業とともに目標を持ちながら一人ひとりが高いモチベーションで、お客様である企業様の課題解決サポートとビジネスパートナーとしての信頼関係構築に励んでいます。

成長ポイント

B to Bが中心となるため、高い交渉力や折衝能力が求められます。お客様はもちろん、料理長や社内外各所との交渉・折衝を任される場面も多くあり、相手に対して自分の考えを的確に伝える力も身につきます。結果以上に大切なのは、継続的に結果を生み出すためにプロセスにこだわること。さらに創意工夫をしようとする姿勢も大切だと考えています。

閉じる

オペレーションスタッフ

フロントでの接客に留まらない、
顧客満足度向上のための
「攻めの」オペレーション!

研修特化型ホテルや会議室で、お客様に対する直接のサービスを提供するのが、オペレーションスタッフです。とはいえ、マックスパートのオペレーションの仕事は、目の前のお客様の接客業務だけに留まりません。チェックイン・チェックアウトなどのカウンター業務や、レストランや会議室でのサービスはもちろんですが、研修利用のお客様のスケジュール管理、研修・食事会場への誘導、期間中の変更事項を関連部署へ連絡するなど、コントローラー的な役割も任されています。さらに重要な業務が、お客様から真の要望を引き出して、「顧客満足度向上」のためのサービスを企画・実行すること。当社が提供する商品価値を、自ら高めていく「攻めの」オペレーションが求められるのです。

社員インタビューはこちら

やりがい・成長ポイントを読む

仕事のやりがい

お客様の生の声を直接、一番近くで聞くことができるポジションです。また利用者の様子を観察し、館内サービスのプランニングに活かすこともできます。現在提供されているサービスの中にも、オペレーションスタッフの「お客様に喜んでいただきたい」という思いと発想力から生まれたものも少なくありません。「梅雨の時期には、傘やタオル、じめじめ解消グッズなどを用意してお客様をお迎えする」「会議室利用のお客様には、おしぼりを提供する」といった、かゆいところに手が届く小さな気遣いも、顧客満足度向上に繋がっています。「お客様のためにどうすべきか」という顧客志向の人なら、自分の発想力や企画力を活かせるオペレーションの仕事に醍醐味を感じるはずです。

成長ポイント

研修やパーティ、宿泊など、個々のお客様の目的に応じたやり取りが欠かせないため、コミュニケーション能力だけでなく、真の接客スキルが磨かれます。また、イベントのスケジュールや客室・会議室管理、館内サービス企画などを担当する中で、主体性・企画力・判断力・行動力・リーダーシップ・管理能力などが幅広く身に付きます。お客様に言われたことをただやるのではなく、自らが考えたプラスアルファのサービスができることも、マックスパートならではの成長ポイントです。

閉じる

企画・販促

新サービスや施設の魅力を発信する、
マックスパートの広報役!

まだ見ぬお客様、世の中に対して、マックスパートという会社や私たちが行っている事業・サービスを知ってもらうためのPR 活動が私たちのお仕事です。まずは、私たちの事業やサービスがどんなマーケットに響くのかの分析、ターゲット選定を行い、そのターゲットにはどんなアプローチで伝えたらいいのかを考え、実行します。ただ知ってもらうだけではなく、より深く知ってもらうためのツール作成や、問い合わせに誘導するための仕組みづくり、営業マンが簡単に案内できるパンフレットの作成なども私たちの仕事の一つです。わかりやすく伝えるために、先入観にとらわれず客観的に物事を見る姿勢が大切です。

社員インタビューはこちら

やりがい・成長ポイントを読む

仕事のやりがい

商品やサービスの魅力を伝えること、良さを感じてもらうことが好きな人なら、やりがいを感じられるはずです。お客様から「こんないい施設があるなんて知らなかった!!」と言ってもらえることや、数値として、WEBサイトの閲覧数が上がる、ホテルの問い合わせ数が増えるなど、数字で結果が見えることが、日々のモチベーションにつながります。ただし、どの部分が良かったのか、良くなかったのか、といった要因がわかりづらいのが難しいところ。だからこそ、様々なアイデアを実行し試行錯誤しながら結果にこだわりつづけることが求められます。

成長ポイント

お客様と直接関わることが少ない分、広い視点で伝えたいことを伝える力が身につきます。また、業界・業種問わず、様々な人々にアプローチするためには、世の中のトレンドやビジネスの動向を常にチェックしておくことも大切。情報を発信する力だけでなく、情報を収集する力やそれをいかすノウハウも身につきます。

閉じる

新規事業企画職

事業と世の中のニーズを分析し、
自分たちにしかできない
新ビジネスを開拓する!

新規事業企画の仕事は、自分たちの事業と世の中のニーズを分析しながら、マックスパートならではの新しいビジネスを開拓し、軌道に乗せることです。特に2012年に立ち上げた、独自の貸し会議室を提供する「フクラシア事業」は、これからさらなる店舗展開を積極的に図っていく予定です。フクラシアの店舗拡大から、まったく新しい領域まで、考える内容は実に様々。各部署や課をまたいで、既存の枠にとらわれることなく新しい視点で物事を見ることができます。

社員インタビューはこちら

やりがい・成長ポイントを読む

仕事のやりがい

醍醐味はなんといっても、そのスケールの大きさ。対象がお客様や一企業ではなく、社会・世の中になってくるため、中長期的な計画が多く、動く金額も大きいです。また、その計画がうまくいき、世の中に新しい価値を提供できたとき、会社の成長や売り上げに大きく貢献したときの達成感と喜びはとてつもなく大きいことでしょう。マックスパートの理念に則ったビジネスであれば何でもアリ。自由な発想が求められます。

成長ポイント

自由な発想といっても、きちんとした根拠がなければいけません。そのため、マックスパートはじめ様々な企業の事業を俯瞰的に見る広い視野と、お客様や世の中の企業が今、求めていることを分析し深掘りする力が身につきます。また、事業を計画し実行に移すまでには、スケジュール、人員、お金、といった様々な要素が関わってくるため、総合的な判断力やマルチタスク遂行力も身につくでしょう。そして、幅広い業界の経営層と商談する機会が多いため、経営的な視点も磨かれるはずです。

閉じる

ページ上部へ戻る